3軸5軸加工を用いた試作金型部品製作は有限会社東洋金型製作所

有限会社 東洋金型製作所 〒243-0801 神奈川県厚木市上依知1385-1

046-245-9337

046-245-9339

金型部品製作

金型部品製作

製作対応可能金型部品一覧

パンチ&ダイ

フォームパンチ
フォームパンチ
セクダイ
セクダイ
パンチ&ダイ
セパレートパンチ

ガイド部品

パンチホルダー
パンチホルダー
リフター
リフター
リフター
パッド

小物/周辺部品

カムスライダー
カムスライダー
カムドライバー
カムドライバー
スライドプレート
スライドプレート
加工事例

金型部品製作のこだわり

最今の業況から金型部品製作は非常に厳しい技術が要求されております。
というのも鋼材を熱処理して使用することから熱処理後の変位を前提に加工工数を計算する必要があり、図面通りに素直の加工すると、大変な費用と納期が発生します。
単刀直入に言えば、寸法公差との妥協案をどう見出すかという事が、費用と納期を抑えるポイントとなります。

Point1

金型全体の把握
会社名にもある通り、以前は金型全体の設計製作をしていました。金型部品の製作においてはその部品の機能を考え、精度、全体との兼ね合いなどを考慮に入れながら、製作をしております。

Point2

設計データチェック
弊社では頂いた図面、データをそのまま加工に入ることはほぼありません。金型部品においては、他の部品との兼ね合いもある為、干渉が生じないか、また逆に、不必要な精度になっていないかなど、しっかりとチェックさせて頂き、納期短縮、コストダウンに貢献できるようにしています。

Point3

1製品1担当性
少数精鋭の社内の為、一つ一つの製品に対して打ち合わせからプログラム、加工、納品に至るまで、一人の担当者が一貫して対応しております。そうすることで、設計の変更や、納期の相談について臨機応変に対応することが出来ます。また、社内でも頻繁に打ち合わせをしており、リアルタイムで情報共有しております。